映画音楽  ボサノバ FLY ME TO THE MOON

FLY ME TO THE MOON

1stGt 2ndGT ナイロンストリングスギター 3rdGT アコースティックギター Bass・シンセサイザー 演奏 ギター・デライト   編曲ozawa masaru

1960年代、アメリカ合衆国はアポロ計画の真っ只中にあり、本当に『月に連れて行って貰える』のは「非常に近くまで迫っている、近未来の出来事」であった。そのため本作「Fly Me to the Moon」は一種の時代のテーマソングのように扱われた。ギターは3パートのアレンジ。