レッスン内容 

 1 「大人のクラシックギター入門」

今から趣味で始める人や、以前始めようとしても忙しくて出来なかった人などのための、クラシック(ガット)ギターを主体としたコースです。若い人ももちろん出来ます。クラシックギターや、ナイロンストリングスギター等で世界の名曲日本の名曲を、至福の音色でかなでましょう。本質を曲げずに、自然に上達するあなたのギタリストを応援します。クラシック奏法を基本に確かな技術習得、現代の幅広い奏法も取り入れ、創造性豊かな音楽を奏でましょう。やさしいポップス、映画音楽、童謡唱歌、歌謡曲、演歌、懐メロ、ソロ、デュオ、アンサンブル、ラテン、セミクラシック、ギター弾き語りなどよく知っているどこかで聞いたことのあるとてもやさしい曲からはじめます。デュオなどアンサンブルもレッスンしリズム感や呼吸タイミングなどを楽しみながら学んで生きます。

クラシックギターは、ナイロン弦を使用し、そのタッチによりとても繊細な音色を奏でてくれます。哀愁のある音、乾いた音、パーカッション的なリズミカルな音、1台でメロディも伴奏もソロも、弾き手の個性を音で表現してくれます。その魅力をぜひ体験してください。

ギターのタイプ別姿勢の種類、右手左手、いろいろな調弦、爪、アポヤンド・アルアイレ、タブ譜、五線音符の読み方、コード、メロディ、伴奏、独奏(ソロ)、ハイポジション、いろいろな長音階・短音階、臨時記号、クロマチック、スラー・タイ、装飾音符、アルペジオ、毎日の練習、ハーモニクス、Fコードの攻略法、いろいろな弾き語りなど確かな技術習得を楽曲を通して学びます。また音楽界に浸透してきた最先端のDTM利用のレッスンも提供しています。

 

 

 2 「大人のアコースティック・弾き語り入門」 

正しいフォーム、チューニング、TAB譜、ダイヤグラム、毎日の練習、指番号、クロマチック、ギターに必要なコード理論、マイナーとメジャーコード、オンコード、ピックストローク、フィンガーストローク、コードチェンジのコツ、シンコペーション、ブラッシング、カッティング、バレーコード、グリッサンド・スライド、チョーキング・ビブラート、ミュート、アルペジオとその応用、3フィンガー・4フィンガー奏法のコツ、RH LH スケール、ギター弾き語り、自分の声の高さに合わせるコード変換方法、ギターに必要な楽典等。基礎知識から段階を踏んでのレッスン、DTM利用でリズム・メロディー・ハーモニーそれぞれ実体験しながらの楽しいレッスンです。各種・弾き語りコース。ご希望によりアンサンブル・イントロ・間奏・エンディング等リードプレイのレッスン提供。

 

 

 

 3 「初めてのボサノバ・ギター」


初歩から入門 Bossa Nova Guitar
ボサノヴァ奏法


ボサノバのリズム バチーダ ボサノバのコードパターン 4音構成フォーム 重要コードベースを動かしたコードパターン よく使うオン・コード dim, ボサノバのシンコペーション ボサノバ(サンバ)のコードパターン ショーロのリズム、コード クリシェ ペダルポイント ボサノバアルペジオ ミックス奏法 難易度の高いコードチェンジの方法 ボサノバ弾き語りコードプレイ・パターン ボサノバソロ デュオ サンバカンソン オルタネイトベース ベースノートとコード等、ボサノヴァ入門コースにレベルアップのためのクラシック奏法応用

 

 

基本レッスン内容

受講生の聞き取りアンケート

 将来どのような楽曲演奏や、ギターでやりたいことなどをお聞きかせください。一歩ずつステップアップして、目標を持ってレッスンしていきましょう。まだお決めになっていない方はいつでもお知らせください。

1 レッスン開始

 ギターに必要なスケール・アルペジオ・和音・楽典ミニ知識など段階をおって、進捗状況にそって行います。受講生にあった教則本を提案します。ご希望により曲集のみでテキスト不使用も可能です。

2 楽曲レッスン

 メインのレッスンです。世界や日本の多彩なギター曲を中心にレッスンをしていきます。きめ細かな解説と丁寧なレッスンの提供、毎日の練習、演奏のコツなどの解説につとめていきます。楽曲によっては、わかりやすくしたオリジナル譜もお渡ししています。

3 まとめ

 本日のレッスンの内容と課題をまとめます。ご質問お聞きし、自主練習の技術的な方法やポイントなど解説します。

 「もう一度この部分を解説してもらいたい」など、ご自由にコミュニケーションをとりましょう。

 

発表会  前回の「大人のギター発表会」内容概略です。

1 生バンドで演奏

  希望者にはバンドをバックに演奏 発表者主役アレンジの臨場感あふれる演奏です.

2 ボーカルサポート

  演奏だけで、ボーカル補助を希望のかたにボーカリストのサポート

  弾き語りで演奏のみに集中したい方に

3 教室の受講生どうしでグループ演奏

  アコーステックデュオ・アコーステックバンド編成

4 ギターソロ演奏 独奏 

  クラシックの王道

5 弾き語りソロ  

 アコーステックの魅力

6 2重奏 

  2人で又は講師のサポート補助 

  クラシックアンサンブルの魅力

7 DAWの効果的使用

 バイオリンストリングスやBass・リズムパーカッション等追加と融合演奏